問題を深堀しないカウンセリング


皆さま、催眠と聞くとどんなイメージがするでしょう?

昔テレビでしてたようなものをイメージされますか?

催眠には色々な手法がありますが、私が主に行うNLPという技法では催眠を使う機会も多いです。

何に使うのでしょうか。

それは、問題と全面対決しないための麻酔のようなものです。

催眠言語というのがあります。

その言葉を聞きながら、問題の場面へと帰っていくことで、すべてをお話する必要がなく、問題を乗り越えていけるのです。

他にもNLPには色々な手法がありますが、特徴は問題を深堀せずに気づき、人生を変えるチャンスをつかみ取るというところです。

また、恐怖を手放し、新たな一歩を踏み出せるということです。

カウンセリングには色々な手法があります。

皆様ひとりひとりにあった、カウンセラーを見つけるために、ぜひ参考にしてください。

お申込みはこちら

#カウンセリング

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​0964-22-0835