戦火の馬 スピルバーグ監督


ローズマリーでしょうか?

綺麗に花が咲いています。

最近、「戦火の馬」という、スピルバーク監督の映画を見ました。

戦争物?とも思いましたが、勧められて勇気を出してみました。

馬や、一瞬一瞬の画像が美しい。

何より、多くの人に助けられながら、敵味方の入り混じる中で、ひたすら生き抜いて育ての飼い主と再会する、泣ける物語。

久しぶりに泣いてしまいました。

その映画のセリフ。

前線から本国に向けて飛ばされる伝書鳩。

「戦地の悲惨さを眼下に、ただ、それを見ないように、前を向いて飛び続けなければ、本国に帰れない。」

そして、その馬も戦地を必死に走り、生き抜きました。

「何もしない事、逃げることも時には必要なんだ。」

「闘うだけが、勇気ではない。」

セリフに込められた、熱い思い。

そして、生き抜く強さ。

私たちは、時に何も出来なかったことに失望し、そして逃げることに失望することもあるでしょう。

けれども、生き抜くことがいかに大切か。

この映画が教えてくれました。

カウンセリングを受けることは逃げでしょうか?

イイエ、人生を変化させるための自分が生き抜くための手段の1つです。

あなたの生きる力を取り戻す、サポートをさせていただきます。

お問い合わせ 0964-22-0835

#コーチング #カウンセリング

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​0964-22-0835