紛争や葛藤


専門用語では、「自尊感情」といいますが、自分に自信がないときって、何気ない一言が、「嫌われた」「私って駄目な人なんだ」などと思ってしまうことってありますよね。

普通の時は何でもなかったり、人に言わせれば笑い話だったり。

でも、前にも書きましたが、健康な人って、ポジティブすぎる思考を持っているそうです。

ちなみに私は、忘れるのが得意な方なので、忘れられない嫌な事には、なかなかポジティブとはいきません。

それでも、話し合う機会があるとしたら、全員が円になって座り、順番に発言するといいと言われています。

ハーバード大学のウィンウィン解決策です。

職場、家族、本音で話すことは大切です。

そんな時に、ちょっとカッコつけたり、小さな嘘は必要ありません。

紛糾することを恐れず、本音で話し合うことで、あれ?って答えが出るときもあるのですよ。

当事者だけでは難しいときは、カウンセラーなど、第三者に入ってもらいましょう。

グループでの話し合い、カウンセリングにおいては珍しい事では有りません。

WRAPファシリテーターである私にとっても、15人前後を2日間、みっちり話し合ってもらうのですから、珍しい事ではないのです。

あなたの周りの人間関係、せっかくだから居心地のいいものになるまで、紛争や葛藤に決着をつけましょう。

ご相談は、マサミカウンセリングルームまで。

お問い合わせ 0964-22-0835

#コーチング #カウンセリング

特集記事