PTSDを患った方の調停役


熊本大学の「紛争と葛藤の解決」を学びました。

不思議なことに、紛争の調停役は、NLPを使う私に向いたものでした。

先生は福品原発の調停役をしました。

戦争から離婚まで、あらゆる調停役をこなす方です。

私も、WRAPファシリテーターの経験を活かし、PTSDを患った方々の調停役になれるよう、勉強を深めていく予定でいます。

なぜ、PTSDかというと、熊本地震や離婚のように、非日常的なことが起きた時など、非日常の恐怖や葛藤の中で戦う日々に、PTSDを患う方が出ることが多いからです。

葛藤と紛争のなか、PTSDを経験した方は過活動になったり、睡眠があまり取れないなど、本人が無自覚の場合が有ります。

最近、怒りっぽいなど、いつもと違うなと感じたら、まずは声をかけてあげてみてください。

大切なサインが、発せられているはずです。

お問い合わせ 0964-22-0835

#カウンセリング

特集記事